忍者ブログ
2008年納車のフォルツァ・MF10(銀)から2010年11月TMAX(SJ08黄色)に乗り換え、2017年現在もまだまだ黄色に乗ってま~す。最近は原付状態のTMAXです。
2017/11月
≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   12月≫
[107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日曜日は高校時代の恩師(校長)の偲ぶ会に参加

卒業以来お会いすることも年賀状すら出したことがない不届き者のワタシだが、母校から定期的に送付されてくる紙面で今から15年程前に定年を迎えたことも知っていた。

今年10月に突然亡くなったことを風の便りで聞いた時は驚いた。

もちろん自分の年齢を考えれば恩師の死は当たり前でもあるのかも知れないが、多感な学生時代の色々なことを思い出すに至って、是非お線香は墓前にあげたいと思っていた。

ましてや寮生活を過ごし、親も同然に恩師とその家族に少なからず世話になった身である。
(卒業生には宇宙飛行士もいますが帰国子女も多く少々特殊な学校でした)

亡くなって間もなく学校に弔意を記帳する場が設けられスグに出向いた。
記帳中に現校長にも会った。
現校長も卒業以来20余年振りに会う先生。

ようやく去る11月30日に母校にて偲ぶ会が開催され、在りし日の恩師の映像や発言の色々を見て聞き、献花をおこなってくることが出来た。

ブログ用修正

偲ぶ会2

恩師の奥様は覚えいては下さらないと思いつつ声を掛け挨拶させて頂いた。
偲ぶ会に全国・海外からも参加した年代もばらばらの何百人という当時の生徒ひとりひとりときちんとお話しされ、不届き者のワタシにも微笑と感謝の言葉を返して下さった。


退任の挨拶時ならびに恩師の遺品を整理した品に記載があったという
孟子の詩(ワタシも今回初めて読んだのですが・・・)

孟子曰、君子有三樂、而王天下不與存焉、父母倶存、兄弟無故、一樂也、仰不愧於天、俯不怍於人、二樂也、得天下英才而教育之、三樂也、君子有三樂、而王天下不與存焉。

合掌
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
pass
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
皆さんに
慕われていたんですね、校長先生。
これだけ多くの人が集まるのも人徳あってのものですし。
ご冥福をお祈りします。
ぶらう URL 2008/12/02(Tue)22:14:03 編集
大事なこと
せんさんは不届き者ではないと思います。
偲ぶ会に参列され、奥様にご挨拶・・・これだけで立派なご供養と思います。
奥様がせんさんを忘れて、あるいはご存じなくても、かえって嬉しかったと思います。墓参りに行かれないときでも(故人を)忘れないという気持ちだけで供養になると聞いて以来、父を含め、亡くなった知人のことを時々思い出すように実践しております。

石井さん 2008/12/03(Wed)02:04:23 編集
ありがとう
>ぶらうさん 
コメントしずらい記事にコメントありがとうございます

予想以上にたくさんの卒業生や教職員OBが集まりました。
学生時代は批判ばかりしていたのですが、こうして振り返ると有難いことだったと思います。

合掌
せん 2008/12/03(Wed)07:17:57 編集
冠婚葬祭
>石井さん 
同じく コメントしずらい記事にコメントありがとうございます

ある時、お付き合いのあった会社の偉い方に言われました。
『冠婚葬祭は何はともあれ優先すべし、葬儀の類は必ず参加すべしと・・・』

人生80年 折り返し地点を過ぎ、
振り返る時間を与えたくれたと思うようになりました

せん 2008/12/03(Wed)07:22:43 編集
無題
亡くなられた方に手を合わせるその気持ちだけで立派だと思います
ご冥福をお祈りいたしますm(_ _)m
junkun123 URL 2008/12/04(Thu)11:36:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
リンク
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
Z
フリーエリア
フリーエリア
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
プレストコーポレーションオフィシャルホームページへ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

Powered by Ninja Blog
template by Temp* factory    phot by FOG.
cat of model by Cat Cafeねころび

忍者ブログ [PR]