忍者ブログ

ヤマハ TMAX(SJ08) YELLOW との暮らし

2008年納車のフォルツァ・MF10(銀)から2010年11月TMAX(SJ08黄色)に乗り換え、2017年現在もまだまだ黄色に乗ってま~す。最近は原付状態のTMAXです。

2017/03    02« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »04
今日の日経新聞見ましたか?

ホンダ 電動二輪投入!

以前にホンダ社長が開発を宣言してましたが、ニュースとして遂に出ましたね。

まずはカブからということらしいですが、いよいよエンジン音や振動の少ないバイクが
市場に出てくるワケですね。

ある意味バイク乗りには物足りない気もしますが、そこはホンダだから対応してくるでしょう。


以下日経ネットから転載

ホンダが電動二輪車、2011年にも投入 環境車の市場開拓

 ホンダは電気のみで走る電動二輪車を開発し、2011年にも発売する。排ガスを全く出さず、同じエネルギー費用であればガソリン車の7倍以上の距離を走行できる。日本郵政グループなどへの納入を目指すほか、一般ユーザー向けも開発し、将来は海外販売も検討する。ヤマハ発動機も10年以降に投入する計画。ガソリン高や環境規制の強化で環境対応車の需要が拡大するなか、大手2社は世界に先駆けて高性能の電動二輪車を商品化し、国内外の新市場を開拓する。

 ホンダとヤマハ発は排気量50ccの原付き二輪車と同等の走行性能を持つ電動車を商品化する。小型軽量の高性能リチウムイオン電池を採用し、家庭用電源での1回の充電で30―100キロメートル強を走れるようにする。


***********************

ポチっ!と押して頂けるとうれしいです。

バイクの他にも色んなジャンルのブログが見れます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

***********************
PR

無題

いよいよ「AKIRA」の金田バイクが市販とまでは、数十年先ですね(笑)

けど、電動となると両輪駆動のスーパーバイクってのも・・まだまだ無理かw

4輪と違いスペースが限られている2輪では、バッテリーの積載が問題なのでしょうけど、電動フォルツァなんてのが発売されたら・・・・

排気量で決められてる免許はどうなるのだろう??

by monapa 2008/09/11(Thu)21:51:12 編集

電動フォルツァ

>monapaさん

電動フォルツァはウィーンってスムーズなエンジン?音ですよ(笑)

仰るとおりバッテリーの積載をクリアーにするためにはより小型&ハイパワー&長時間蓄電の技術開発が必要だからホンダだけでは難しいでしょうね。

でも近い?将来が楽しみですね。
by せん 2008/09/12(Fri)07:31:14 編集

無題

へえ~、そうなんですか?でも以前にヤマハから電動パッソルが販売されていましたが今はどうなんでしょう?

車のハイブリッド~電気、燃料電池と違い、バイクはいきなり電動ですか?ハイブリッドバイクもあれば早朝のスタートも近所迷惑にならないのに^^
by パイロン URL 2008/09/12(Fri)19:34:09 編集

そうでした!

>パイロンさん

言われてみるとパッソルにあったような気がします!確かにします!

ある意味電気仕掛けの自転車の発展版ですもんね♪

朝のスタートは言われてみるとナルホドです。深夜の帰宅もね?
by せん 2008/09/12(Fri)23:03:07 編集

ほてるや

間違えたので削除しました
by ほてるや 2008/09/21(Sun)22:30:43 編集
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

リンク

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Z

フリーエリア

フリーエリア

アクセス解析

フリーエリア

フリーエリア

プレストコーポレーションオフィシャルホームページへ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ヤマハ TMAX(SJ08) YELLOW との暮らし --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]